特集記事アーカイブ

人材 バックナンバー

解雇予告金の支払い、解雇制限要件

2011/06/02

辞職・合意退職・退職勧奨・解雇の違いとルール

結局「人柄」どこで見分ける?

2011/05/20

テーマごとに採用のポイントを探ってきたこのシリーズ。2度の連載を通じて浮かび上がってきたのは、やはり「人柄」が一番大切ではないかということです。 そこで最終回のテーマは、「人柄をどう見分けるか」。 面接時のほんのわずかな時間で、その人の性格的なことまで見極めるコツはあるのでしょうか───

学歴をどう見る?

2011/05/06

面接の際に必ず目を通す「履歴書」。そこには、その人を知るためのたくさんの情報が記載されています。そのひとつが「学歴」。果たして、それは仕事の能力を表す指標になるのでしょうか?

面接時のテストは必要か?

2011/04/22

医師であり経営者でもある開業医にとって、“人の悩み”は誰もが抱える共通の課題です。そこで今回の特集テーマは、“スタッフ採用”。先輩開業医のさまざまな経験、あるいは採用・人事に詳しい専門家の視点から、「面接のポイント」について3回シリーズで紐解いていきます。

労働契約の終了、「解雇」「退職」の違いは

2011/04/07

解雇要件、適正な解雇手続き、解雇手当の要・不要と注意点

割増賃金の種類、割増率、計算ルールとは

2011/03/10

法定労働時間・所定労働時間の違いに注意を

賃金支払いの原則と留意点

2011/03/10

トラブルになりやすい事項、正しい法的知識で対処を

休日・休暇、代休、有給休暇のルール

2011/02/25

休日・休暇の違いを理解し医療機関の実態に合った制度設定を

労働・休憩時間決定の注意点

2011/02/25

職員が院長先生の指揮命令下にある時間はすべて労働時間

「就業規則」を整備し規律ある職場づくりを

2011/02/25

絶対的必要記載事項、相対的必要記載事項、任意記載事項とは

労働条件は文書で明示してトラブル回避

2011/02/10

「言った・言わない」を防ぐ、明示すべき事項の確認必要

職員の募集・採用時の注意点

2011/02/10

優秀な人材の確保は医療経営の安定・発展のための重要課題

「使用者」「労働者」とは

2011/01/01

使用者には労働法履行・民事上の損害賠償責任が発生

人を雇うということ

2011/01/01

良好な労使関係構築が労働トラブル未然防止の第一歩

職員の採用可否、判断の基準は?

2009/02/27

今回は『書類選考・面接』に絞って解説します。面接にあたり、まずは履歴書の確認をします。履歴書の中で特に注意すべき点は、今までの仕事の退職理由です。院長や他のスタッフとの人間関係、給与等の条件に対する不満、拘束時間の問題、などについてじっくり話を聞き、『この候補者を採用したら自院でも同じことが起こらないかどうか』を判断しなくてはなりません。また、・・・

職員の求人、そのポイントは?

2009/02/13

開業の際、求人募集は最も重要なイベントの一つです。『ヒト』はあらゆる意味で、経営を左右すると言っても過言ではありません。【開業地近隣の方々からの応募】=【地域の患者予備軍の方々】 とも言え、ぞんざいな扱いは禁物です。面接時に医療設備の説明等はもちろん、先生の診療方針や地域医療に対する情熱等を伝えることで、職員としては採用しなくても・・・