特集記事アーカイブ

医療機器

2015/03/19   医師が語る最新内視鏡システム導入メリット

NBI併用観察の活用で、消化管内視鏡検査の新しい価値を見出す

岩瀬豪先生御幸町診療所  岩瀬豪先生

平成5年 高知大学医学部医学科卒業。同年京都府立医科大学消化器内科入局。平成12年からは京都九条病院勤務となり、平成17年には 京都府立医科大学大学院医学博士を取得。平成23年より 、現在の御幸町診療所に勤務。

古都、京都を訪れる人で賑わう三条大橋界隈。御幸町診療所は、そこから徒歩数分、御幸町通りに面した一角にある。平成25年4月に診療施設を大幅にリニューアルした際、専門である消化管内視鏡検査をスタートするために、EVIS LUCERA ELITEと上部消化管汎用ビデオスコープ(GIF-XP290N)、大腸ビデオスコープ(CF-HQ290I)を導入。それを期に、一般内科に加え消化器内科領域の診療にも精力的に取り組んでいる。EVIS LUCERA ELITEを使用した感想について、岩瀬 豪先生に伺った。

先輩開業医への質問

先輩開業医への質問一覧
閲覧人数ランキング
順位
スレッド名
総閲覧人数
1位
0