特集記事アーカイブ

人材

2011/05/06   学歴をどう見る?

面接の際に必ず目を通す「履歴書」。
そこには、その人を知るためのたくさんの情報が記載されています。
そのひとつが「学歴」。果たして、それは仕事の能力を表す指標になるのでしょうか?
シリーズ第2回は、学歴をどのように見ればいいのか、学歴以外にも履歴書で参考にすべきポイントはあるのか…、先輩開業医、および採用に詳しい専門家の意見をもとに、考えていきます。

採用チェックシート プレゼント中

先輩開業医への質問より抜粋

Q

開業した場合に勤務してもらう看護師さんの経歴として望ましいものはどのようなものでしょうか。
(40代・老人科)

<略>職員の面接(試験)について、ご意見・ご指導をいただきたいです。
(50代・小児循環器科)


A

そんなに多くの看護師を雇ったことがあるわけではないので偉そうなことはいえませんが、華々しい経歴のある人は避けた方がいいでしょう。(40代・小児科)

一般常識テストをしましたが、見事に学歴に比例した結果でした。
高卒は30点前後 短大卒は50点前後 大卒は60点以上・・・20人くらいを対象に実施したのですが一人の例外もありませんでした。(40代・消化器内科)
学歴と就職後の能力は必ずしも一致しないことも多いです。
私は女性なので、男性の先生とは感覚も異なるかもしれませんが、毎日一緒に仕事する仲間なのですからフィーリングは大切です。第一印象で肌合わないと感ずるような人は避けましょう。(50代・内科)

教えて!専門家

<取材協力>
株式会社 エイジー
メディカルマネジメント
常務取締役 川俣 喜弘氏
pointその1

人を採用するには、その人がクリニックの目指す診療スタイルに合っているかどうかを見極めることが必要です。たとえば生活習慣病を中心に診療するなら、糖尿病看護の経験があれば即戦力になりますし、在宅医療に力を入れたいなら、看護師にも高いスキルが求められるでしょう。ところが、面接で学歴、あるいは資格について話を聞いても、実際にどのくらいの実務能力を持っているかまでは、なかなか見えてきません。私が経験を通して重要だと感じているのは、学歴よりもむしろ“職歴”。特に看護師は、学校を卒業して間もない人が診療所の求人に応募するケースはほぼ100%ありません。まずは病院に勤務してから診療所へ移行するのが一般的ですが、大切なのは『そこでどのような経験をしてきたか』なのです。
職歴を掘り下げていくと、どれだけの仕事ができるのか、おおよそのところを掴むことができます。
pointその2

面接では、応募する側も最高の自分を見せようと臨みますから、短い時間で見極める
のは本当に難しいことだと思います。採用した後で「こんなはずではなかった」というこ
とを避ける意味でも“職歴”は重要です。しかし、面接時に必ず聞いておきたいのは、
『なぜ以前の職場を辞めたのか』。
看護師の場合、まずは病院に就職して結婚や出産などで退職し、少しブランクをおいて
から当直のない診療所に勤務するのがよくあるパターンです。ですから、結婚などの
理由もなく、勤務先を何ケ所も転々としているような人は、危険だと考えていいでしょう。
一方、前職でしっかりと経験を積んでいて、転職理由も明確な人は即戦力になってくれますが、場合によってはキャリアが邪魔してしまうこともあり、「あくまでウチではウチのやり方でやってもらう」という姿勢を最初から示しておくことも大切です。
採用チェックシートプレゼント中  
北海道・東北
北海道 税理士法人みらいパートナーズ会計 申込む
青森県 税理士法人八戸経営会計事務所 申込む
宮城県 石沢公認会計士事務所 申込む
関東
首都圏 AGSグループ 申込む
首都圏 税理士法人日本橋税経センター 申込む
首都圏 株式会社日本資産研究所 申込む
東京都 税理士法人 アドヴァンス会計 申込む
東京都 税理士法人アフェックス 申込む
神奈川県 YMG林会計 申込む
茨城県 税理士法人鯨井会計 申込む
茨城県 小野瀬公認会計士事務所 申込む
栃木県・群馬県・埼玉県 浅沼経営センターグループ 申込む
北陸・甲信越
石川県 畠&スターシップ税理士法人 申込む
石川県 税理士法人ノチデ会計 申込む
東海
愛知県・岐阜県・三重県 税理士法人大樹 申込む
愛知県・岐阜県 高井直樹会計事務所 申込む
関西
大阪府・兵庫県・奈良県 河村会計事務所 申込む
奈良県・京都府・大阪府・兵庫県・滋賀県 板谷一郎税理士事務所 申込む
中国・九州
福岡県・山口県・熊本県北部・大分県別府市 川庄公認会計士事務所 申込む
福岡県 税理士法人福岡中央会計 申込む
鹿児島県 税理士法人鹿児島さくら会計 申込む
その他、該当地域がない場合はこちらからお問い合わせください
RML株式会社 RML株式会社 申込む

テストの必要性、学歴の見方と、テーマ別に採用のポイントを探ってきたこのシリーズ。最終回は「人柄」をテーマに、どうしたら、面接で自分と合う人を見抜くことができるのか、先輩開業医および専門家にご意見をうかがいます。

先輩開業医への質問

先輩開業医への質問一覧
新着質問
更新日
スレッド名
総閲覧人数
21/03/01
2694
21/01/04
2299
20/12/19
1741
20/10/11
7265
20/09/27
4041
閲覧人数ランキング
順位
スレッド名
総閲覧人数