特集記事アーカイブ

電子カルテ

2011/01/14   2011年 今さら聞けない“電カルワード”

2011年クリニック向け電子カルテ特集

電子カルテシステムに関心が集まる一方、意外と知られていないのが、電子カルテに関連する専門用語。
言葉はよく耳にするけど、意味はなんとなく曖昧――今回は、そんな“電カルワード”について解説。
用語を理解することで、各種電子カルテのそれぞれの“持ち味”が見えてきます。

この ‘電子カルワード’ 理解していますか?
気になる‘ 電カルワード ’はコレ! ASP型 SaaS型 電子カルテ・レセコン システム連携 PACS ORCA対応 iPad対応 一体型(別体型)
シィ・エム・エス“DOCTOR’S DESK Ⅱ”

電子カルテ・レセコン一体型
電子カルテ・レセコン別体型
システム連携
ORCA対応
iPad対応
PACS
ASP型
ASP型、SaaS型の違い
SaaS型

※各ワードについて、下記選択肢のうち1・2を選んだ先生の割合
1:「聞いたことがあり、詳しい意味までよく理解している」2:「聞いたことがあり、おおよそは理解している」
3:「聞いたことはあるが、あまり理解していない」 4:「聞いたことはあるが全く理解していない」


電子カルテ一覧はこちら


ASP型 SaaS型

ASP、SaaSとは
インターネットなどのネットワークを経由して使用する。提供企業と利用契約を結び、月ごとに料金を
支払う形で利用するのが一般的。


※ASP型とSaaS型の違いは? 
アプリケーションとその運用管理をアウトソースするのは同じ。
ASP=利用者ごとに個別のサーバを用意する形態
SaaS=一つのサーバで複数の利用者にサービスを提供(提供コストの削減が図れる)

ASP型、SaaS型の場合・・・
ネットワーク経由のため院内にサーバを設置する必要がなく導入コストを抑えられる。
システム更新など運用管理も提供側で行われるため、常に最新システムを使えるメリットも。



主な製品

<ASP型>

セコム医療システム 〈セコムユビキタス電子カルテ〉

デモを申し込む医療の現場に精通した専門SEが、個々のユーザーに丁寧に対応。セキュリティも万全。

<SaaS型>

エヌ・ティ・ティエムイー〈Future Clinic 21 ワープ〉

デモを申し込む安全性の確保されたNTTグループのデータセンタに、電子カルテデータをバックアップ。

ライフサイエンス コンピューティング〈DolphinPro〉

デモを申し込む低価格で導入できる「ローカルモデル」と、ネットを介した「SaaSモデル」がある。

メディカルアイ〈医歩ippo〉

「PC 端末があればいつでもどこでも使える」がコンセプト。オプションサービスも充実。


PACS

PACS(医用画像管理システム)とは
各種画像撮影装置から得られた画像をDICOM(医用画像と通信の標準規格)
の規定によりデジタル化して保管し、ネットワークを介してリアルタイムに参照、閲覧できるシステム。


PACS連携ができると・・・
CTやMRIはもちろん超音波や内視鏡など非放射線機器の画像もデジタル化して一元管理可能。電子カルテと連携することで、必要時にすぐ画像を参照するなど診療が効率的に。



主な製品

三洋電機〈Medicom-HR〉

デモを申し込むPACSや医療機器との連動性の高さが、使い勝手のよさにつながり、高い評価に。

ライフサイエンス コンピューティング〈DolphinPro〉

デモを申し込むオプションでPACS連携が可能。カルテ画面からクリックするだけで画像を呼び出せる。


iPad対応

iPadとは
Appleが開発、発売したタブレット型コンピュータ。9.7インチのタッチパネル・スクリー
ンが搭載され、操作性や携帯性、画面の鮮明さなどから医療での有用性が注目され
ている。


iPad対応ができると・・・
持ち歩きがしやすいことから、特に在宅医療における有用性が高い。訪問先で電子カルテや検査画像を簡単に閲覧できるため、診療はもちろん患者への説明にも活用できる。



主な製品

ユニコン〈ユニカルテ〉

デモを申し込む「いかにスムーズに使えるか」を追求しており、全ての入力がiPadで可能。

メディカルアイ〈医歩ippo〉

自宅や訪問診療先でもカルテ情報を参照・入力でき、急な往診への対応などに貢献。

ライフサイエンス コンピューティング〈DolphinPro〉

デモを申し込むマルチプラットフォームで利用できる電子カルテ。iPad、iPhoneにもいち早く対応。


ORCA対応

ORCAとは
日本医師会が推進する“医療現場IT化のための計画(ORCAプロジェクト)”において開発された、日医標準レセプトソフト。2002年からオープンソースとして公開されている。


ORCA対応ができると・・・
ORCAと電子カルテが連動していれば、ORCAのデータをそのまま電子カルテで使うことができる。無駄な入力作業などの手間が省け、医療事務の効率化が図れる。

主な製品

シィ・エム・エス〈Doctor’s Desk II〉

デモを申し込むORCAとの相性を考え、スムーズな連携ができるよう開発されたシステム。

ライフサイエンス コンピューティング〈DolphinPro〉

デモを申し込むORCAとの連動や、独自の“スタンプ機能”などで、カルテ入力の作業負担を軽減。


システム連携

れんけい【連携】とは
同じ目的をもった者同士が、互いに協力して物事をおこなうこと。


(解説)
地域連携の推進のため、施設間でデータ共有できるような体制づくりが求められています。そのツールとして期待されているのが電子カルテ。
単なる診療録ではなく、多彩なシステムとの連携機能により、情報共有ツールとしての役割を担えるものが主流となっています。


電子カルテと連携されているシステムは様々です
レセプトソフト/医事会計システム/薬暦・調剤システム/検査システム/画像管理・保管システム/看護師向けツール/訪問治療向けツール/手術管理システム/物流システム/リハビリ管理支援、など



電子カルテ・レセコン一体型

一体型(別体型)とは
レセプトコンピュータと電子カルテシステムが別々に作動する(別体型)のではなく、両者に連動性があり、互いにデータを共有できるものをレセコン一体型電子カルテと呼ぶ。


一体型の場合・・・
診察時にカルテに入力した情報が、レセプトにも自動的に反映される。診察終了と同時に会計できるので待ち時間を減らせると同時に、月次のレセプト請求も効率的に実行できる。

主な製品

ユヤマ〈ブレインボックスV2〉

デモを申し込む多彩な機能を備え、必要なボタンを必要なタイミングで表示する操作性の高さが特徴。

富士通〈HOPE/EGMAIN-CX〉 ※新製品「HOPE/EGMAIN-RX」

デモを申し込む医療事務システム「HOPE/SX-J」と連動する、クライアント/サーバ型の電子カルテ。

ビー・エム・エル〈MedicalStationCLINIC〉

デモを申し込むレセプト作成など充実した機能で、診療所における医療と経営の両面をサポート。

三洋電機〈Medicom-HR〉

デモを申し込むデータベースを分離させることで、一体型でありながらデータの安全性と品質を両立。
電子カルテ一覧はこちら
電子カルテ購入実態調査 <調査概要>
対象 : 過去3年以内に電子カルテを購入した開業医
 調査方法 : m3.com医師会員向けインターネット・アンケート
調査期間 : 2010年10月   サンプル数 : 500件

電子カルテ導入にあたり、やはり気になるのはコスト。経営上、導入×運営コストを抑えられるのに越したことはありません。
そこで次回は、「価格交渉術」をご紹介します。実際に導入した先輩方の工夫や、ちょっと生々しい経験談を大公開!

先輩開業医への質問

先輩開業医への質問一覧
新着質問
更新日
スレッド名
総閲覧人数
22/01/21
14557
21/08/17
11576
21/06/22
4357
21/06/17
6291