特集記事アーカイブ

電子カルテ

2010/06/11   電子カルテを快適に使う!カンタン入力特集

電子カルテを快適に使う!カンタン入力特集

診療時間で一番大切なのは、患者さんと向き合う時間。なるべく事務作業やカルテ入力にかかる時間はコンパクトにしたいものです。
そのため、「パソコン操作に慣れていなくて、入力に時間がかかるのでは」「患者さんを見ないで画面ばかり見てしまいそう」と、電子カルテ導入を迷われる方もいるようです。
電子カルテを診療現場で有効に使うために、入力をカンタンにする工夫をご紹介します。

入力手段を工夫する

「ブラインドタッチに自信がない」
「マウスとキーボードにかじりついた診察はしたくない」
こうお考えの先生方は、キーボードに頼らない入力方法をされてみてはいかがでしょうか。

“紙に書く”電子カルテを使う

デジタルペンで、ドットパターンが印刷されている普通紙に手書きで記入することで記載情報が電子化されます。

世界初!紙に書くだけで電子カルテシステム

入力に使用するのは、デジタルペンと紙です。紙に書いた情報は電子化されてカルテに保存されます。紙カルテをご利用になっていた先生は、これまでと診療スタイルをほとんど変えることなく、電子カルテに移行できるのではないでしょうか。

デジタルペンでキーボード入力からドクターを開放します!

電子カルテイメージ図用紙は二号紙に加え、科目別シェーマーや問診表、カスタマイズした処方・検査のオーダーシートや病名シートなどがご利用になれます。
パソコンが近くに無い場所で入力ができるのも便利です。「紙で入力する電子カルテ」はなかなかイメージがしづらく、最初にデモをご覧になる方の多くが、感嘆されるそうです。

“モニターをペンタブレット型にする

好きな電子カルテに合わせて導入できるのが、ペンタブレット型のモニター。シェーマーへの記入やテンプレートの選択などを、モニターにペンでタッチしながら行うことで、キーボードやマウスでの作業を大きく軽減できます。スケッチが多い科目には特におすすめです。ペンタブレット対応か、デモで見せてもらえるかは各メーカーに事前にお聞きになってみてください。
(代表メーカー:ワコム)

“音声入力を利用する

検査などで落ち着いて座って診察することが少ないという先生に、特におすすめの方法です。多くの電子カルテメーカーで接続実績が増えてきました。キーボード入力だと面倒で省略してしまうことも、話すだけなら簡単。医療用語辞書が搭載されているものでは、認識率95%以上と、ストレスの少ないカルテ入力ができそうです。(代表メーカー:アドヴァンスト・メディア)

便利ツールを活用する

キーボードになれている方でも、診察をしながらの入力は大変なもの。少ない操作で効率的にカルテ入力が進めば、患者さんと向き合う時間を増やせ、より多くの患者さんを診ることもできます。

カルテ入力の流れが1つにまとまったキーパッドを使う

無関係な選択肢ボタンが画面いっぱいに羅列されず、操作はいたってシンプルになっています。

電子カルテは診療サポートの脇役、操作で邪魔をしない

診療の複雑なフローを解析し、必要なボタンだけを必要な時に表示する「キーパッド」は、「電子カルテ操作が医師の診療を邪魔しない」ことをコンセプトに開発されています。キーパッド内で、SOAP形式での所見、処置処方・検査など全ての診療行為の入力操作が可能。

使い易さ 「ブランインドタッチ感覚」

電子カルテイメージ図画面上で多くのボタンを出すとごちゃごちゃしがちですが、キーパッド内で次々と必要な情報が展開していくので、操作はシンプルに、画面はスッキリと使うことができます。手を動かす範囲も狭く、すぐに手が位置を覚えてブラインドタッチ感覚で使えるとのユーザーの声もあります。ペンタブレットでの運用であればさらに直感的に。

“テンプレート・セット等を診療体制に合わせて作り込む

いかに自分用にするか、電子カルテ活用の決め手です。基本的に全メーカーで対応しているので、ご自身の診療スタイルに応じて導入前に完璧に用意される。導入後に追加することも多いので、作製が簡単かどうか購入前のデモで確かめておくと導入前・ご開業前は他にやることが沢山あるので、同じ科目の先生が作られたテンプレートやセットを貰って、参考にするのも近道です。

医学辞書ソフトをインストールする

高コレステロール結晶、品脈性不整脈、1,000姿勢細胞新・・・こんな変換ミス、ご経験ありませんか?医学用語は特殊で、通常辞書では変換されない言葉も多くあります。医学用語の辞書を電子カルテにインストールすることで、カルテの入力ストレスは軽減されるはずです。最近のものでは、一般医学・薬剤・検査用語の漢字変換だけでなく、予測変換や日本語から医学英語への変換などもできるそうです。(代表メーカー:ジャストシステムズ)

 

電子カルテ選びは、実機を触って比較検討することが大切です。

m3.comを見て、デモ・面談をしたらご報告ください。m3ポイント300pを差し上げます。

(※対象外企業あり)

今問い合わせできる電子カルテ一覧
一括資料請求
デモ・面談をしたら報告