特集記事アーカイブ

電子カルテ

2009/04/24   知っておきたいサポートの重要性

電子カルテ選びのポイントとは?

サポートサービスは、電子カルテを選ぶ上で外せない重要なポイント

電子カルテを選ぶ上で重視すべきポイントとは何でしょう。機能? 価格? それとも実績? もちろん機能や価格も大切な要素のひとつですが、これらに加えてぜひチェックしたいのが、日々の電子カルテ活用を支える「サポート体制」です。

例えば、何らかのトラブルが発生して電子カルテが動かなくなってしまった時、一刻も早く復旧させなければ、その後の診療が行えなくなってしまいます。こうした突発的なトラブルにもすばやく対処し、常に快適に活用するために、「サポート体制」は非常に重要なポイントなのです。

導入について

こんな時、しっかりとしたサポートがあれば安心です

サポートが必要となるのは、トラブル発生時だけではありません。
電子カルテの導入から運用、保守まで、以下のようなあらゆる場面でしっかりとしたサポートが求められます。

クリニックの形態に合った最適なシステムを導入したい

クリニックの規模、予算、診療科目、スタッフ数、将来の展望などにより、導入すべき電子カルテシステムの構成は異なります。そうしたクリニック固有のニーズを踏まえた上で、より最適なシステムを導入することが大切です。

自分を含め、スタッフ全員がちゃんと使いこなせるのだろうか?

レセコン一体型の電子カルテの場合、医師や看護師だけでなく、事務スタッフも電子カルテを使いこなす必要がありますが、パソコンを使い慣れていない方にとってはなかなか難しいことです。電子カルテの導入に当たり操作方法などを指導してくれる教育サポートがあれば、皆がスムーズに使いこなせるようになります。

何かトラブルが起きた時に、すばやくサポートしてくれるか?

どんなに信頼性の高い電子カルテでもトラブルは予期せず起きてしまうもの。大切なのは、起きてしまったトラブルにすばやく的確に対処することです。電子カルテの様々なトラブルに対してリモートで応急対応してくれる体制があれば、常に安心して利用することができます。

法令改定、薬価改定があった際に、しっかり対応してくれるのか?

法令改定や薬価改定などがあった際には、その都度、電子カルテの設定を変更しなければなりません。こうした変更作業を支援するサポートサービスがあれば、法令改定や薬価改定などにもすばやく、的確に対応することができます。

BMLは、導入から運用、メンテナンスまで、万全のサポートを提供

BMLでは「サポートも製品の一部である」との考え方のもと、診療所向け電子カルテである「メディカルステーション」の導入から運用、アフターメンテナンスまでをカバーする充実したサポート体制を構築。サポートセンターと全国90か所を超える営業拠点を結び、代理店任せにすることなく、全国で統一された高品質なサポートサービスを提供しています。

導入時提案
BMLでは豊富な実績に基づく確かなノウハウを活かして導入時の様々なご提案を行っています。診療科目や規模、用途・目的、将来の展開など、診療所ごとに異なるニーズに合わせ、最適な導入プランをご提案します。

導入時教育
BMLではメディカルステーションを確実に使いこなしていただくために、導入前だけでなく導入後もインストラクターが丁寧に教育を実施。さらに、初回のレセプト出力にも立ち会い、出力方法や修正方法などに関する指導を行っています。

法令改定、バージョンアップ
法令改定、薬価改定があった際には、システム変更のための電子媒体(CD-ROMやFD等)を提供。また、さらなる機能強化と操作性の改善を目指し、バージョンアップを適宜実施しています。

お問い合わせ対応
操作方法やトラブルに関するサポートセンターへのお問い合わせは、フリーダイヤルで気軽に行うことができます。サポートセンターの電話応答率は高く、平均90%以上となっています(ただし法令改定時期をのぞく)。

 

リモートアクセス
サポートセンターでは、ネットワークを通じた遠隔操作(リモートアクセス)によるサポートも行っています。ソフトウェアに起因する技術的な問題は、サポートエンジニアが遠隔操作で速やかに解決。機能や操作に関するお問い合わせにも、実際に操作方法等をお見せしながら分かりやすくご説明します。

リモートアクセスの流れ

リモートアクセスの流れ

資料請求

メディカルステーションを導入されている先生方の声

導入時教育のおかげで、スムーズに導入できた
姉川脳神経外科 院長 姉川繁敬 先生
  トラブルがあっても遠隔操作で直してもらえる
原小児科 院長 原 三千丸 先生
姉川脳神経外科 院長 姉川繁敬 先生 「インストラクターの方が、導入の前後1週間と、レセプト請求を行う月終わりに1度来てくれました。スタッフのみんなが頑張ったこともあるのでしょうが、導入に関しては『本当にこれでいいのかな』と思うぐらいスムーズで、受付も含めて全部がすっと離陸したような感じがします」   原小児科 院長 原 三千丸 先生 「我々はあくまでもツールとして使っているわけですから、導入後のメンテナンスやサポートは非常に重要です。メディカルステーションは、トラブルがあってもサポートセンターに連絡すれば遠隔操作で直してもらうことができるので安心して使えます」
     
丁寧な応対で、気軽に尋ねることができる
たかはしクリニック 院長 高橋俊光 先生
  充実したサポートに満足している
医療法人 外山皮膚科 院長 外山 望 先生
たかはしクリニック 院長 高橋俊光 先生 「BMLのサポート体制には満足しています。分からないことはその都度電話で聞けるので安心して使えますね。サポートの方も非常に丁寧な応対で、ストレスを感じることなく、気軽に尋ねることができます」   医療法人 外山皮膚科 院長 外山 望 先生 「電子カルテが止まってしまうとすべての業務ができなくなるので、サポートは欠かせません。私自身、ワープロを打つことは問題なくできますが、LANを組んだり、ハードウェアのトラブルを解決するまでのスキルはないので、リモートメンテナンスなどの充実したサポート体制には満足しています」

より多くのドクターに選ばれて、稼働実績No.1※。診療所向け電子カルテと言えば「メディカルステーション」です。

電子カルテシステム メディカルステーション

メディカルステーションは、長年、医療の現場に携わってきたBMLが開発した診療所向け電子カルテです。 電子カルテシステム稼働状況グラフ 診療所が求める理想のシステムを目指し、紙カルテの形式に縛られることなく、あくまでも電子カルテとしての使いやすさ、機能性を追求。 さらに、常に安心してご利用いただけるよう万全のサポート体制を構築しています。
メディカルステーションは、いまや全国2,400の診療所で活用されている、稼動実績No.1の電子カルテです。

※月刊『新医療』2008年9月~11月号「電子カルテシステム稼働状況・診療所編」より

資料請求

次回は、実際に電子カルテを活用されているドクターにお話を伺い、電子カルテ選びのポイントについてより具体的にご紹介していきます。ご期待ください。

先輩開業医への質問

先輩開業医への質問一覧