特集記事アーカイブ

電子カルテ

2009年 特長別電子カルテ 

09/01/16

特長別電子カルテ あなたならどれを選びますか?

  現在、クリニックでの電子カルテ導入は確実に増えてきているため、次々と新しい製品が開発されています。こうした製品は、当然のことながら知名度が低く、利用医師も少ないものの、後発ならでは工夫や特長を備え、ユーザーに高い評価を得ているものも少なくありません。

  例えば、操作性では、既存の製品を研究し尽くして、さらなる使いやすさを追求しているようです。また、ネット型・ウェブベースの電子カルテにより、従来のものとは比べられないほど安価で、在宅医療や地域連携ができる電子カルテサービスも広がりつつあります。

  今回は、熱意を持ってこうした製品を開発した企業の社長にその思いをお聞きしました。 先生の希望に合った最新製品を選択肢のひとつに加えてみてください。

会社名  五十音順
誰にもカンタンな操作と見やすい画面を追求
三栄メディシス株式会社 代表取締役 竹内  仁史

カンタン操作で使いやすい
  「『ディアドクター』の最大の特長は、簡単な入力と1画面展開のわかりやすい操作性です。これは弊社主力商品であるレセコン『カルナート』で培われたノウハウと実績によるものです。導入しやすい300万円以下の価格設定で多彩な構成に対応できるため、システム構築も容易です。」

患者さんとの情報共有にも役立つ
  「2画面を利用して、ドクター側のモニターと同じ画像を、患者様のモニターにも表示できます。同じ画面を共有することにより、画像を一緒に確認しながらわかりやすい説明が行えるため、導入されたクリニックでは、診療時のコミュニケーションツールとして役立ていただいているようです。」

~製品への取り組み・電子カルテ検討医師へのメッセージ~
  「診療所の電子化に対しての取り組みをより多くの皆さまに提案していきたいと考えています。電子カルテ『ディアドクター』では、入力の簡易性を常に追及し、多くの情報を分かりやすく表示することで、会計やカルテの流れをよりスムーズにして、経営を効率化させ、患者満足度を向上させられるシステムにしていきます。」
製品カテゴリ レセコン連動電子カルテ
製品名 電子カルテ「ディアドクター」
科目 内科、外科、皮膚科、小児科、耳鼻科、眼科、その他
製品・サービスのPR ご好評のレセコン「カルナート」に待望の連動型電子カルテの登場です。ネットワーク経由で「カルナート」へ接続すればデータ移動もスムーズ、スピーディで、もっとも効率的なメディカルワークをお約束します。紙カルテのイメージでカンタン操作。どなたにでも、すぐにお使いいただけます。
資料/カタログ請求面談申し込み問い合わせデモ申込み
在宅医療にも対応できるレセコン一体型Web版電子カルテ
株式会社グローバルソフトウェア 代表取締役 狩野 輝昭

在宅医療にも対応
  「無線LANやモバイルからのアクセスに対応した柔軟なネットワーク構築が可能です。診療所を離れて診察を行う際にも利用できるため、在宅医療にも活用されています。」

PC管理の手間がはぶける
  「イージーな操作性と高機能性を保ったWebベースの電子カルテシステムのため、価格が断然安いです。初期導入費だけでなく、稼動後のPCやネットワーク管理にかかるコストを大幅に削減できます。」

~製品への取り組み・電子カルテ検討医師へのメッセージ~
  「『イージーカルテweb2.0』は、ASP(アプリケーションサービスプロバイダ)型のため、導入コストが安く、1台のPCに他のソフトも入れて活用できるため、稼動後のPC管理コストも抑えられる、クリニック向けの安価なレセコン一体型電子カルテです。Web版の電子カルテシステムのため、在宅医療や地域連携などのネットワーク連携にも柔軟にお応えすることができます。」
製品カテゴリ レセコン一体型無床診療所向け電子カルテシステム
製品名 イージーカルテWeb2.0
科目 内科、外科、皮膚科、小児科、耳鼻科
製品・サービスのPR イージーカルテWeb2.0は、使いやすさを目指して作られました。ほとんどの操作をドラックアンドドロップによって行い、どの画面でも、操作方法が統一されています。また、診療に使うデータを、パネルに整理することで、使いやすさを実現しました。
2009年2月発売!初年度100万円以下で始める
メディカルアイ株式会社 代表取締役 山口 典枝

『医歩(ippo)』3つの特長
  「電子カルテに対する要望の強い3つの点、「1.安価」「2.院内コスト削減」「3.すぐに使い始められること」を満たしたサービスです。この条件を満たすためには、『医歩ippo』をネット型にする必要がありました。」

初年度100万円以下で始める
  「院内にサーバーを置かないため、院内での初期導入コストを極端に抑えられます。また、サーバーや『医歩ippo』サービスそのもの、そしてカルテデータもセンターにあるため、管理の手間やコストがほとんど発生しません。加えて、医療機関にはWebブラウザだけあればよいため、簡単にすぐ使い始めることができます。」

~製品への取り組み・電子カルテ検討医師へのメッセージ~
  「導入から維持までのハードルを極限まで低くした『医歩ippo』により、診療所電子化の最初の一歩を踏み出していただきたいという思いで作りあげた電子カルテです。今後も進化するネット型カルテサービスとして、カルテ機能以外にも、集患やコミュニケーション機能など、新たな価値を付加して提供していきます。」
製品カテゴリ クリニック向け、ネット型電子カルテ
製品名 医歩ippo (2009年2月発売)
科目 内科、外科、皮膚科、小児科、耳鼻科、眼科、その他
製品・サービスのPR ネット型のため院内サーバの設置が不要、ブラウザのみでサービス利用が可能。医療情報システムの安全管理ガイドラインを遵守し、高度なセキュリティを実現。
ボタンを押すとメディカルアイが運営する診療会議サイトの申込みフォームが開きます。
電子カルテ製品の一括資料請求
次回は、1月23日(金)。電子カルテ特集の最終回として、 電子カルテ購入者が評価したポイントの
レーダーチャートや導入ユーザーの声をダイジェストでお伝えします。
クリニック向け電子カルテを総比較できる総まとめです。ご期待ください!
バックナンバー

医師に人気のその他の特集を見る医師に人気のその他の特集を見る

先輩開業医への質問 先輩開業医への質問

閲覧人数ランキング

順位 スレッド名 総閲覧人数
1位 精神科クリニックに最適の電... 1484

関連製品・サービス関連製品・サービス

2/17

横浜駅より徒歩5分
(ユヤマ)

4/24

JR新潟駅構内にあり、利便性抜群、...
(ユヤマ)

10/7

JR海老名駅すぐ!
(ユヤマ)

2/15

大阪駅、東梅田駅 駅近医療テナント...
(ユヤマ)

8/30

地権者が近隣の介護施設法人ですので...
(ユヤマ)

4/21

平成27年3月にオープンした大型シ...
(ユヤマ)