特集記事アーカイブ

電子カルテ

2009/01/01   2009年 開業医が選んだ電子カルテは?

開業医が選んだ電子カルテは?
開業を検討している医師の約8割は、電子カルテの導入を検討

  2011年に施行される診療報酬オンライン請求義務化の影響を受けて、クリニックにおける電子カルテの導入は急速に高まっていくと考えられています。事実、ソネット・エムスリーの調べでも、これから開業を検討する医師の約8割が電子カルテの導入を検討していると回答しています。 (2008年3月調査)

   m3.com開業・経営では、クリニックにおける電子カルテの導入状況を把握するため、過去3年以内に電子カルテを購入した開業医を対象に、大規模な電子カルテの購入実態に関する調査を行いました。「電子カルテ特集」として、これから4回にわたり、本調査結果を含めた情報を提供していきます。

電子カルテ製品の一括資料請求
過去3年のクリニックにおける電子カルテランキング

  今回の調査で明らかになった、電子カルテ トップ10製品を、購入した医師が評価したポイントを交えて紹介します。現時点では、圧倒的なシェアを持つ電子カルテは存在せず、各製品の特長徴や価格、サポート体制を評価して選択しているようです。

1.三洋電機(Medicom-HR)
2. ダイナミクス(Dynamics)
3. BML(Medical Station CLINIC)
4. ラボテック(Super Clinic)
5. ユヤマ(Brain Box)
6. 富士通(HOPE/EGMAIN-CX)
7. 東芝メディカルシステムズ(TOSMEC TRINITY)
8. 油井コンサルティング(ドクターソフト)
9. 島津製作所(SimCLINIC 2)
10. 日立メディカルコンピュータ(Hi-SEED)
クリニック向けレセプトコンピューターで第1位の実績を誇る三洋電機。レセコンと共に電子カルテの導入実績を増やしている。
本製品はレセコン・電子カルテ一体の新型。検査機器や院内システムとの接続実績が豊富なため、先生が使いたい機器と組み合わせることができることも大きな利点の1つ。
詳細ページへ
ダイナミクス(Dynamics)
安価な価格とコアなファンを持つ製品。IT リテラシーに自信があり、安価に始めたい医師には最適な選択。
30代から80代までユーザー層は幅広く、パソコンが苦手な人でも使える「操作性」に定評。
無料トレーニング(首都圏のみ)や教育体制、稼動までのフォロー体制を整備して、診療活動のもっとも身近なツールを使いこなせるように訴求している。リモートアクセス(遠隔操作)を利用したサポート体制の評価が高い。
詳細ページへ
ラボテック(Super Clinic)
近年関東を中心に導入数を増やしている。操作性の評価が高い。
ユヤマ(Brain Box)
シンプルな入力ツール「ユヤマ・キーパッド」と、毎月更新の医薬品関連データベースが特徴。操作性の評価が高い。
病院向け電子カルテ導入数が第1位、豊富な電子カルテシステム構築経験で培ったノウハウが凝縮された多機能な製品。
施設規模に合わせた展開があり、本製品は無床診療所向け。地域医療機関との情報連携が可能。
詳細ページへ
東芝メディカルシステムズ(TOSMEC TRINITY)
受付から会計まで、院内ワークフローを全てカバーする、レセコン・電子カルテ一体型システム。拡張性やサポート体制を高く評価されている。
油井コンサルティング(ドクターソフト)
電子カルテの先駆者。コストパフォーマンスに優れている。
カルテ作成からレセプト発行、画像ファイリングまで診療所の一連の業務をトータルでサポート。X線やエコーなど同社の各種診断装置との親和性が高く、診療所のIT化を支援する新しいタイプの統合型電子カルテシステムと言える。営業対応や、システムとしての拡張性が評価されている。
詳細ページへ
日立メディカルコンピュータ(Hi-SEED)
医療現場からのアイデアを反映した次世代型電子カルテ。画面展開を少なくし、浅い階層で必要な情報を必要なときに取り出せる仕組み。操作性の評価が高い。





平均3.7製品の電子カルテを検討
購入までの比較検討状況

  今回の調査結果から、医師は診療活動の最も身近にある電子カルテを購入するにあたり、平均3.7製品の資料請求や問い合わせを行い、平均1.7 製品の見積もりを取ったうえで、購入を決断していることがわかりました。

   電子カルテは、細かい機能まで理解して比較することは難しいと言われています。資料やカタログをみて2,3製品に絞り、実際の動きをデモでみて先生が扱えるイメージがつけば、後は見積もり次第。30製品以上ある電子カルテの中から、先生に最適な電子カルテを選択してください。

電子カルテ製品の一括資料請求
電子カルテ購入実態調査 対象 過去3年以外に電子カルテを購入した開業医
<調査概要> 調査方法 m3.com医師会員向けネット・アンケート
  調査期間 2008年8月
  サンプル数 573件
次回は、12月17日(水)。 電子カルテの平均購入価格は?稼動後のサポートにはいくらかかる?
電子カルテに関する価格、コスト面について特集します。購入価格の評価ポイントが高かった電子カルテ製品とは・・・?

先輩開業医への質問

先輩開業医への質問一覧