特集記事アーカイブ

医療機器 バックナンバー

POCT機器導入のメリット

15/09/17

POCT(臨床現場即時検査)機器は、検査結果をその場で得る事で、診断・治療の効率化・スピード化をはかり、患者さんのモチベーションや満足度を向上に貢献しています。今回は需要が高まりつつあるPOCT機器のメリットや開業医の先生の導入状況、事例についてご紹介します。

特長で選ぶデジタルX線機器

15/06/18

クリニックでのX線撮影はデジタル化が急速に進んでいます。デジタルX線撮影機器にはCRとDRの2種類がありますが、導入に当たっては、それぞれの特長を理解し、先生の診察スタイルやクリニック運営にマッチした機器を選ぶことが経営的にも重要です。今回は機器ごとの利便性やメリットをご紹介いたします。

医師が語る最新内視鏡システム導入メリット

15/03/19

オリンパスの「EVIS LUCERA ELITE」は、新しい技術を数多く搭載した最新内視鏡システムです。今回は、20年以上にわたり消化器内視鏡による診断や治療に携わってこられた、御幸町診療所の岩瀬 豪先生に、高精細な観察画像を容易に得られる有用性や、操作性、挿入性の向上による患者さんのストレス軽減など、実際に同機を使用した感想について伺いました。

開業医に人気の医療機器ランキング

14/09/11

医療機器の選択基準は、操作性、機能性、サポート体制など、さまざまです。 他の先生はどのような医療機器は選んでいるのでしょうか? 本ランキングでは、製品のデモや申込など、問合せの多い医療機器をご紹介いたします。

心不全の測定法と判断 肺エコーへの応用

14/08/28

病院内の回診から、救急の現場、さらには在宅医療まで、エコー診断が可能な場所を大きく広げる可能性を秘めたポケットエコー。 ポケットエコーは患者目線で医師と患者のコミュニケーションを活性化するなど、まさに「聴診器のように使えるエコー」と言えます。 本特集では、実際にポケットエコー Vscanを活用されている泰川先生の事例を、お伝えしてまいります。

開発者に聞く!最新内視鏡システム

14/07/17

オリンパスは、消化器内視鏡の市場で約7割の世界シェアを占めています。更なる観察性能の向上や大腸内視鏡検査におけるドクターの操作性向上などを目指し、「EVIS LUCERA ELITE(イーヴィス ルセラ エリート)」という新しい発想の技術を数多く搭載した新システムが開発されました。 今回はこのEVIS LUCERA ELITE開発者による解説をお届けします。

X線撮影のデジタル化

14/06/19

従来より多くのクリニックでX線撮影は行われてきましたが、近年、大病院だけではなく、フィルムレス・ワイヤレスタイプの製品を導入するクリニックが増えています。 本特集では、デジタルX線撮影機器のリーディングカンパニーのコニカミノルタ ヘルスケア株式会社と、導入された先生のインタビュー等を通じて、クリニックにおけるデジタルX線撮影機器の利便性や重要性を探っていきます。

POCT機器 活用事例

14/03/27

欧米で広く導入されている 「POCT (ポイント・オブ・ケア・テスティング)」。 日本では、"POCT"を「臨床現場即時検査」と称され、救急検査や感染症検査、在宅医療など幅広い分野で利用されています。 今回は、近年増加している糖尿病患者のための、糖尿病関連分析装置の活用事例をご紹介いたします。

ポケットエコーを活用した診断事例

13/03/28

今、注目されている携帯型のポケットエコー。 第 1 回では、在宅緩和ケアにおけるポケットエコー Vscan の活用事例をご紹介いたしました。 第 2 回では、心不全診断、AAA (腹部大動脈瘤) 診断、むくみ・胸痛診断において、実際にポケットエコーを使用されている先生がたの各種事例をもとに、ポケットエコーの特徴と活用方法を、お伝えしてまいります。

ポケットエコー活用術

13/02/28

注目される在宅緩和ケア。限られた環境の中で、患者さんとご家族が満足されるような医療とサービスを提供するために、日々の診療に小型の超音波診断装置を活用している先生が増えています。 本特集では、全2回にわたって、今注目のポケットエコー Vscanの活用事例などをもとに、ご紹介してまいります。

POCT(臨床現場即時検査)機器

13/02/14

救急検査や感染症検査、在宅医療など幅広い分野で利用されている 「POCT (臨床現場即時検査)」。近年、少しずつ注目され始めていますが、先生は 「POCT」 とは何かご存じでしょうか。今回の特集では、POCT に関する解説、先生方の認知度、POCT 機器を導入するメリットと事例、オススメの POCT 機器をご紹介いたします。

医師の生涯学習への意欲

12/10/11

[医師の生涯学習]にご興味あるm3.com 会員さまへアンケート結果により、[学習目的]や[学びたい分野]への状況やご要望などをお伝えしてまいります。

医師100人のエコー診断学習法

12/09/27

本特集は、先生がたがどのようにスキルアップをしているのか、また学習目的や興味のある分野などをアンケート結果よりご紹介いたします。 今回は多くの先生がたが興味をおもちである「エコー」の技術習得セミナーへの参加状況やご要望などをまとめました。

心電計選びのポイント

12/07/26

心電計は、クリニックでは看護師さんが操作される場合がほとんどです。操作が簡単である事はもちろん、画面の見やすさ、記録紙のサイズ、バッテリー持続時間等、ご施設の使用環境に適した心電計を選ぶことが大切です。

心電計の選び方

12/07/12

医療機器の中でも利用機会の高い超音波診断装置、心電計について、第1回より特集してまいりました。 第1回は 超音波診断装置の選び方 、第2回~第3回は 心電計を特集してまいります。 今回は、M3 アンケートの集計結果をもとに、心電計について購買時の選択基準や情報収集方法などを探ってまいります。

超音波診断装置の選び方

12/06/21

自院にとって1番良い医療機器はどの製品か?他の先生は医療機器選びをどのようにしているのか? 本特集では医療機器の中でも利用機会の高い超音波診断装置、心電計について特集していきます。 第1回は、超音波診断装置。 購買時の選択基準や、情報収集はどのようにされているのか --- アンケート回答から探っていきます。

聴診器を知る

12/06/07

1819年フランスで誕生した聴診器は、いまや、クリニックや病院で当たり前のように使用されています。その形状や材質は、蓄積された知見や診療科ならではの用途に応じて若干の変貌をとげてはいるものの、医師にとってはもっとも身近な道具であることに変わりはありません。 今回の特集では、医師のシンボルである‘聴診器’について、エムスリー独自の調査結果をご紹介していきます。

失敗しないためのIT機器導入

11/08/26

シリーズ最終回は、使って初めて見えてくる、「想定外なこと」に着目。実際にIT機器を活用しているクリニックの医師のアンケート結果から、導入してどのようなことに困ったか、率直な意見をお聞かせいただきました。またその結果を踏まえた上で、失敗しないためのヒントを探ってみました。

IT化の現状

11/07/29

IT機器の進化に伴い、医療機関の情報システム化が進んできている昨今。病院はもとより、クリニックにおいてもIT化への関心が高まってきました。 第1回のテーマは、クリニックにおける「IT化の現状」。IT機器導入の動機をはじめ、何を期待してクリニックのIT化を推進し結果はどうだったのか、そのギャップなどについて調査しました。

中古医療機器という選択

10/09/10

長引く景気の低迷は、経営者である開業医にとっても、大きな不安要因の一つ。そこで本特集では「不況時代の医院開業・経営術」と題して、どのように工夫していけばよいか、2回シリーズで考えていきます。第1回のテーマは、「中古医療機器」。 世の中は「低コスト」の時代ですが、低コストが低リスクにつながることは、医院経営においても変わりません。

クリニック向け超音波診断装置のご紹介

09/01/09

2008年3月、開業を検討している医師向けにソネット・エムスリーが行った調査では、開業時に導入を検討する医療機器として、X線に続き、2番目にあがったのが超音波・エコーでした。 今回は、各メーカーのクリニック向け超音波診断装置の特長や機能スペックをまとめました。持ち運べるものからカスタマイズできる装置まで、特長ある製品ラインナップをぜひご検討ください。

機器は購入とリースどちらが良い?

08/08/06

医療機器を購入する場合、現金で買うのか、リース契約をするのか悩むところです。自己資金があれば、まず、現金で買うことができます。現金購入であれば、値引きの交渉もできて安く買えるかもしれません。借り入れやリース契約で発生する利息を支・・・